とら書のブログ

飲食店の環境問題 おしぼり 割りばし ふきん ダスターを考える

紙おしぼりが主流

 

近頃、布のおしぼりが少なくなった

紙のおしぼりが主流になった

一昔前は、布のおしぼりが当たり前 ところが、今は珍しい存在だ

どこの店でも、紙おしぼりが出てくる

意外だが、高級店は高級な紙おしぼりが用意されている

その理由は

布おしぼりは

  • 不衛生 
  • 高い
    と言うのが主な理由となる 嫌われているのだ近頃

先日も知り合いの店でクレームがあった

布製のおしぼりの中に爪楊枝が刺さっているとのクレームだ 確認すると、隅の縫い代に爪楊枝が刺さっている

店主は詫びるしかない

多分、前に使った客が刺して、それをおしぼり屋が回収して洗濯、そして、納品されたものだと思う 困ったものだ

確かに紙おしぼりは良い 使い捨てのため上のようなトラブルがない

紙おしぼりのトラブルは、強いて言えば時折乾いているものがある それくらいである

高級感で言えば、いまだに布おしぼりに軍配があがる しかし、布おしぼりは減る一方
今では価格も高騰している レンタル料が毎年値上がりしている 売れないからであると、おしぼり屋は嘆いている

割りばしも

割り箸も同様に減りつつある資源の維持、環境保全のために使い捨てをやめてリサイクルできる箸に変えてい

特に洗浄機を使うような大型店では、目立って割り箸は出てこない

おしぼりは、リサイクルから使い捨てに変わった
箸は使い捨てからリサイクルに変わった

よく考えてみると、矛盾がある・・・

台ふきんが消えた

台ふきんが消えてカウンタークロスが多くなった

ピンクやブルーのあれである

カウンター クロス 一枚(グリーン)【5,000円以上のお買い上げで送料無料】フキン 雑巾 ナフキン テーブル 業務 食品 食器 清掃 掃除 キッチン 台所 厨房 レストラン

昔はさらしのふきんが店にはあった

今は食器ふきもカウンタークロスを使う店が多い

洗うこともできるので、3回ほどは洗う店も多いようだ

そして、切れ始めればポイ と捨てる

調理場で使うタオルも消えた

タオルが消えて、キッチンタオルやリードタオルが増えた

タオルでまな板をふいていた

所によってはダスターとかで

今はリードが増えた ペパータオルだ

帽子や白衣

板前の帽子も使い捨ての紙の製品になった

レンタルの白衣も多くなった

フレッシュキャップ 50枚入り【5000円以上のお買い上げで送料無料】業務用 使い捨て 紙帽子 レストラン カフェ キッチン 厨房 台所 食器 洗剤 ウエイトレス コック ユニフォーム エプロン コック帽 コックシューズ ウエイター 料理 調理 シェフ お寿司

価格:2,484円
(2016/10/6 16:35時点)
感想(0件)

機械化

知らない間に調理場も機械化した

大根おろしも、ツマも、ケンも機械ですぐできる

当たりばちも、すべてフードプロセッサーが手早くこなす

洗浄機も増えた フライヤ―も当たり前に目にする

板前が必要ないと言われたのも、昔の話になっている

あたりまえのこととして、調理場は変化した

千葉工業所 回転つまきり君【 大根 人参 きゅうり手動スライサーセット 】【 業務用野菜スライサースライサー野菜スライサー人気食品加工機械野菜カット機械野菜スライサー業務用野菜スライスラーサラダスライサー口コミ野菜切る機械野菜切り機道具 】 メイチョー

価格:4,827円
(2016/10/6 16:37時点)
感想(0件)

Cuisinart/クイジナート DLC-N7JPS 業務用 フードプロセッサー 【単機能/3.0リットル】

価格:69,109円
(2016/10/6 16:39時点)
感想(0件)

板前

板前はこだわりと進化の間で、いつも戸惑う

人件費や原価、経費の問題そして環境

時代は変化してゆく

選択をする間もなく、選択をしなければ生き残れない時代かもしれない

あなたは、何を選択しますか?

関連記事

コメントは利用できません。




最近の記事

2016年10月
« 4月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る